『貧乏人は死ね』水道インフラを外資に握られた国の悲惨な末路

北斗の拳 み・・・水・・・

1: 海江田三郎 ★ 2016/05/15(日) 09:32:37.22 ID:CAP_USER
http://www.mag2.com/p/money/10990
IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピンは気が付いているはずです。
貧乏人は水を飲むな、貧乏人は死ねの世界を経験したからです。(『カレイドスコープのメルマガ』)「貧困層は死ね」と言うのか? 水道民営化の悲惨な現実
南米諸国の「民営化」推進の陰にIMF(国際通貨基金)
IMFは、財政的に貧困な国の政府に、国の非効率な公営事業を民営化すれば、公共料金がもっと安くなるうえにサービスも充実する
という甘言を使って世界銀行から借金をさせます。
そして、その資金で民営化を進めさせるのですが、そのときに入り込んでくるのが多国籍企業です。
理由は、「その国の企業にはない高度な技術を多国籍企業は持っているから」というものです。
最初のうちは確かに公共料金は下がるのですが、徐々にそれを吊り上げていきます。
そして、国民が耐えられないところまで引き上げてしまうのです。<中略>

IMFと世界銀行の「毒牙」にかけられた最貧国ボリビア
南米大陸最貧国のボリビアは、IMFと世界銀行の毒牙にかけられた典型的な国です。
世界銀行の融資を受け入れたボリビアは、ほとんどの公益事業を民営化させられてしまい、国民の生きる糧である水道事業までも民営化されてしまいました。
その結果、何が起こったのかというと、水道料金は以前の4倍に跳ね上がり、提供された水は細菌の入った不衛生なもので病気になる利用者が増えてしまったのです。

サービスの質の向上と料金の引き下げは「嘘」だったのです。
このボリビアの水道事業を丸抱えで請け負ったのが、あの悪名高いべクテル社です。べクテル社の株主は、ブッシュを始めとするネオコン政府の連中であることは世界周知です。
ボリビア大統領は、米国の甘言に乗った自分がバカだった、と気が付いたのですが、時すでに遅し。
ボリビアでは反政府暴動が活発になり、それを扇動しているのが米大使であることを突き止めたボリビアの大統領は、この米大使に国外退去を命じました。
闇金まがいの高利貸しに金を借りたばっかりに、家庭の中は荒られてしまい、さらにその闇金業者は子供(ボリビア国民)をそそのかして、一家の主(あるじ)の権威を失墜させて家ごと乗っ取ってしまおうと画策していたというわけです。
事実、IMFと世界銀行は、すべての発展途上国に対して、電気や水道、電話、ガスといった国有インフラの売却を融資の条件としてきました。
これらは推定4兆ドルの公有財産になります。
今では、ボリビアだけでなく、南米の国々がIMFと世界銀行によって破壊されつつあるのです。
獰猛なグローバル・エリートによる南米支配は確かに着々と進められています。

10年前の4月、ボリビアのコチャバンバで、同市において最も重要な天然資源の1つである水をめぐり、歴史的な争いが起こりました。
この「水戦争」はシアトルのWTO抗議行動から数ヵ月後に発生した出来事でした。
コチャバンバ市の路上で起こった米ベクテル社に対する暴動は、企業のグローバリズムに対する国際的な抵抗運動を象徴するものととらえられました。
「金のないヤツには水を飲ませない!」こんなことが現実に世界の途上国で起こっているのです。
1999年、世界銀行はボリビア政府に、ボリビアで3番目に大きい都市、コチャバンバ市の公営水道会社「SEMAPA」を民営化させる計画を押し付けました。
もし民営化すれば、適切な料金で水道配管の敷設や水の供給を行うことが可能になる上、600万ドル(当時の日本円での7億円)の多国間債務(借金)を免除してやる、という条件をボリビア政府に提示したのです。
水道インフラの整備がままならず、借金に喘ぐボリビア政府は、しぶしぶ「飲料水及び衛生法」という法律を作り、コチャバンバ市の公営水道事業を民営化したのです。
まず、公営水道会社「SEMAPA」を民間企業に改組。 その後、水道事業のノウハウを持つ米国最大の建設会社ベクテル社の子会社アグアス・デル・ツナリ社が実際の運営を引き受けました。
ボリビア政府にベクテルを推奨してきたのは、ほかならぬ世界銀行でした。
世界銀行の言っていた「適正な料金で市民に水道水を供給できる」というのは、真っ赤なウソで、結果は水道料金が以前の倍以上に跳ね上がり、水道料金を払えないどころか、食事さえも満足にできない家庭が続出したのです。

2: 海江田三郎 ★ 2016/05/15(日) 09:32:43.79 ID:CAP_USER
アグアス・デル・ツナリ社は、なんと、支払い不能者には容赦なく水の供給を停止し、さらに、自分たちの管理下に置いた井戸水の安い料金までも引き上げたのです。
人間は命を維持していくには水を摂取していかねばなりません。
水道水、及び井戸水の料金を払えない人々は浄水されていない水、汚染された水、腐敗水などを飲むことしか許されず、その結果、バタバタと倒れ死に至り、尊い命が次々に奪われていったのです。
こうしてボリビアでは、べクテル社による大量殺人が合法的に平然と行われたのです。
水道事業が民営化された翌2000年1月に、「水と生活を防衛する市民連合」が結成され、大衆の運動によりコチャバンバ市は4日間機能停止に追い込まれました。
翌月の2月に、市民は 「水は神からの贈り物であり商品ではない」というスロガーンを掲げ平和的デモを行い、それに賛同した何百万人もの国民がコチャバンバ市を行進しました。それは、ますます大きなうねりとなるばかりだったので、とうとうボリビア政府は水道料金の値下げを約束したのです。
しかし、ボリビア政府は水道料金の値下げの約束を守らず、その年の4月にIMF(国際通貨基金)と世界銀行、米州開発銀行に圧力をかけられて政府は戒厳令を布き、抗議の沈静化を図るようになったのです。(「緊急事態条項」という言葉が、頭の中を横切りませんか?)
政府による沈静化では、抗議する市民や活動家たちを逮捕し9名を殺害。約100名がひどい怪我を負わされた他、数十名が逮捕され、メディア規制がしかれるという、信じられない弾圧が行われたのです。
しかし、このような不当な弾圧が長く続くはずがなく、IMF(国際通貨基金)と世界銀行に盲目的に従ったバンセル政権は転覆しかけます。結果、市民は勝利を手に入れたのです。後に残ったのは膨大な借金と賠償金
とうとう40年間に及ぶ水道民営化の契約は破棄され、はてさて、水道事業が公共事業SEMAPAの手に戻ったのはいいのですが、開発費の借金と、水道配管設備の工事代金など膨大な借金が市民に負わされたのです。
その上、ボリビア政府は契約破棄料の2500万ドル(約25億円)の賠償金をまで要求されたのです。
「民営化すれば、インフラ整備が進み、多くの人が水道水を飲むことができる。これはいいことだから、そうしなさい」と騙しておきながら、実際は水道代が払えないほど料金が上がり、死者が続々と出たのです。
すると、世界銀行とIMFは政府に暴力を持って市民を制圧するように“アドバイス”したのです。
※ボリビア水戦争 ~水と公共事業は誰の物か~

フィリピンの「水道民営化」に長期融資、アジア開発銀行の罪
(中略)

IMFと世界銀行による世界支配、スティグリッツ教授の懸念
スティグリッツ教授は、グローバリゼーションに反対はしていませんが、世界の富を独占しているグローバル・エリートが進めようとしている世界市場の単一化には強く反対しています。
スティグリッツ教授による、グローバル・エリートがコントロールしている世界銀行の目的と、その主な手口とは、
1)民営化を薦めて、相手国を破綻させる
破綻した国の資産を売却するとき、10%のワイロをとっている。それはスイスの銀行の秘密口座へ入れられる。
2)資本市場の自由化の強制
オフショアへの資金移動について課税することを認めない。
3)価格決定の自由化
物価が上がり、参入外国企業は暴利をむさぼることができる。
4)自由貿易
「救済」という甘言に乗せられた国が、口をさしはさむことを許さない。
の4つで、これが世界銀行による世界の市場支配戦略の柱になっています。
1)と2)は説明不要でしょう。今まさに、パナマ文書の流出によってタックスヘイブンの闇の一端が解き明かされようとしています。
スティグリッツ教授は、世界銀行自体がタックスヘイブンを利用している、と言っているのです。
2)~4)は、まさにTPPのことです。特に4)はISD条項のことを言っています。
IMFと世界銀行という「温厚な二人の紳士」は、通貨危機や飢餓に苦しんでいる国の背後から静かに近づいて、
「あなたの悲痛な顔を見るに忍びない。私たちが助けてあげましょう」と囁くのです。
その誘いに乗ったが最後、法外な金利で金を貸し付つられたり、貸付の条件として国民のライフラインである水道やガス事業を国営から民営に移せ、と迫ってきたりするのです。

水道事業、ガス事業などのエネルギー事業は、何より安全性と安定供給が求められるはずです。本来、競争原理になじまない、こうした公益事業を解体させて民営化を迫るのです。
これは、今現在、ウクライナで実行されていることです。
(続きはサイトで)

6: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:37:14.23 ID:IyCqeQSx
>>1
日本も電力インフラ狙われて、ボロボロになりつつあるな

83: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:45:28.36 ID:RPaTm8KS
>>6
電気無くても死なないが、水道は
マズイね。

4: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:34:24.39 ID:Pwx7vzha
韓国も、IMFの言うことを素直に聞いてたら、
欧米の経済植民地にされちゃったんだろ?

155: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 11:45:43.50 ID:Y1rWYEN4
>>4
韓国の1人あたりGDPとか虚構
サムスンのようなグローバル企業と外資に富を吸収され続けている

186: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:13:09.12 ID:QnYSa4yu
>>155
日本だって徐々に…

12: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:43:11.68 ID:+YSI6tVn
何でも民営化するのは良くないね。
水資源は公のものだと思うよ。

14: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:47:29.44 ID:AoKmNvvm

民主は電気をそうしたね。
電気の民営化は、結局は高くなるのがわかってんのに。

だいたい、コストを検討するのはいいことたけど、
それと民営化は関係のないこと。
儲からないから公共がやる意味があるわけで。

儲からない=廃止なら、地方も福祉も切ったほうがいいということになる。

36: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:04:52.75 ID:7eMt9ZGu
>>14
逆に儲けなくてもいい図書館を民間にやらせたら、儲けを出すために売れ残りの古雑誌ばかりの施設になってしまった。

89: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:50:40.91 ID:/ec2+j6c
>>36
目先のコストだけ考えてどうやって現状の質を維持してるのかが見えてないとそうなるな

85: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:46:25.14 ID:jqSSe+lL
>>14
ほんとこれな
儲からない事業だからこそ公共でやる意味がある

15: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:48:26.19 ID:78UNv8rA
民営にしたってドコモ、東電、東京ガス、インフラ系はボッタクリじゃん

16: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:49:49.47 ID:xLx2vRc8
民営化は消費者が5社くらい選べないと駄目じゃないか?
水道は5社も選べないから絶対駄目だろうな

19: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:52:15.89 ID:SdKwu1Em

>>16
その通りで民営化するならするで競争が無いと意味がない
電力ガス見りゃわかる

競争がし辛い
競争しない方が良いインフラなんてむしろ国営でいい
NHKなんかも中途半端すぎるから解体か公営かどっちかにしろ

17: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:49:51.64 ID:cqUvluK4
民営化すると、株主に払う配当の分高くなるんだね
これが現実。安くはならない

30: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 09:59:31.18 ID:t9rHpAJ/
日本の全国各地の水源地も着実に中国に買収されています。
買収がほぼ完了した時点で中国が一気に正体を現し、コップ一杯の水が千円になるかもしれません。

46: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:10:00.52 ID:2v7N6RF2
水道はインフラであり競争原理が働きづらい、公営で良い。
汚職不効率は民営化とはまた別の問題。

50: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:14:49.36 ID:lDtuxO8U
国民は行政に無駄をなくせと求めたが公共サービスの質を落としていいとは言っていないぞ

62: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:22:35.65 ID:Bc4MQEkG
民営化でプロパンガスは不透明になりました。
民営化すると業界が不透明になるんだよ。

64: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:24:50.13 ID:J/eyRwpI

皆さん、そろそろ自由を疑ってみた方が良くないですかい?
コチャバンバでは雨水を勝手に貯めて飲んだりするのは、利益侵害行為だからやめさせろとか
企業に訴えられたんじゃなかったかな。

アメリカでも水道事業民営化で失敗してるとこあるね。 アトランタとか。

112: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 11:13:59.56 ID:HEHpIPs1

>>64
エシュロン不正会計事件とかあったのに、
もはや「無かった事」扱いされてるもんなー

あれなんか行きすぎた民営化の弊害事例として一番分かり易いのに

82: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:41:53.86 ID:J/eyRwpI
当のアメリカも8割が公営。 件のアトランタも再公営化だからな。
水道事業の民営化は政治的支持を失いつつあるよ。

65: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:26:25.15 ID:XPRo1SKu
ライフラインを目先の安さに惑わされて民営化してはならない特に日本のような地震災害の多い国では。

79: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 10:37:30.92 ID:J/eyRwpI
新自由主義者やIMF、世銀の最終目的はヒト、モノ、カネ、サービスの国境を超える自由な移動だからな。
そのうち水が国境を超えて移動する事になるだろうな。

103: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 11:03:56.35 ID:Fh2HNtgt
地域住民の利益の為に働くのが公僕の使命だ。
この故に給与身分は保証されていて個人の利益を追求しなくても良い。
そもそも東京を例にとる。
東京市に上下水道を完備した結果、当時の統計で寿命が延びたことが明確にされている。
幼児や若年者、体力の衰えた人たちに衛生的な水を提供した結果である。
民間に任せてはいけない事業の代表が水と防火だ。

115: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 11:15:38.97 ID:1Fr4onvD

国家VS国際金融資本

これ常識。
ちょっと前までこれ言うと陰謀論扱いされたけどね。

123: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 11:22:21.41 ID:/HBuLT0w
多国籍企業による水ビジネスの問題は
もう何十年も前から言われ続けてるのに解決する気配すらないね
実態を知れば知るほど、まがまがしいビジネスという感じ
ほんと悪魔的だよ
止めないとやばいと思う

126: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 11:23:10.50 ID:J/eyRwpI

商売の自由のみを追求するおかしな経済思想が台頭してから、
世界はどんどん不安定になる一方だよな。

常々思うんだが、資本主義にはそれに対抗しうる巨大勢力が必要なんだと思う。
巨大な敵がいて初めて資本主義は正常に機能し得るのだと。
商売人を優遇するだけの経済思想のせいで世の中ダメになる一方じゃん。

158: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 11:54:17.58 ID:gdWEmZqs

>水道料金は以前の4倍に跳ね上がり、提供された水は細菌の入った不衛生なもので
病気になる利用者が増えてしまったのです。

病院通いの国民を増やすのも計画のうちなんだろう。

169: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:01:18.65 ID:LAbAgNHd
>>158
水質に関しては厚生省の基準があるから大丈夫だと思うけど
敷設や料金に関しては自治体と同レベルの権限が与えられる
俺がもしバロンなら水質も料金も限界まで引き上げるけどな・・

159: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 11:54:22.37 ID:/NtyNrxH
TPPでキンタマ握られる国があるよね・・・

176: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:05:05.08 ID:x8lZb6Su

どっかの国の水利権事情を扱ったドキュメンタリー映画があったな。
水道はプリペイドカード式、貧乏人が水瓶に雨水を貯めようとしたら、
それも法律で禁止。

当然大暴動が起きたが、
多国籍企業は涼しい顔って感じだったよ。

189: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:16:46.40 ID:a9emtlvE

電力にも言えることだが、インフラ関係で儲けようとすれば
維持費を削って利益に付け替えるのが一番手っ取り早い
そうやって短期間だけ利益を上げてトンズラw
生活に必須な分野だから、放っておく訳にも行かずに
国が税金でインフラを作りなおす必要に迫られるのさw

結局は、一部の人間が国家を喰い物にする手段にしかならんw
無くなっては困る必須な事業は民営化しても腐るだけだ

175: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:04:39.39 ID:nMKek37b
日本は水が腐るほどあるんだが

179: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:10:35.60 ID:CNm+2tU4
>>175
それが何故か?と考えるのが理性

183: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:12:22.35 ID:phHVL5XZ
>>175
それ妄想
台風がちょっと列島を避けるだけで簡単に干上がる
国土の手入れと治水をしっかりやってるから水が手に入るんだよ
慢心してこの手入れをいい加減にするとお前らは簡単に乾物君になる

184: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:12:28.60 ID:HbjCUjV5
>>175
腐るほど有ったって、適切な貯水や導水しなかったら、本当に腐らせるか、海に流れて終わりだ。
そんなんで良ければボリビアだって腐るほど有るだろうが。
ビジネス板にも馬鹿が増えたのう。

168: 名刺は切らしておりまして 2016/05/15(日) 12:00:58.48 ID:wrYH/UvW
まあ外資にインフラを握られるとこうなるって事だ。
民営化は悪い事では無いが、敵国に乗っ取られないようにな。

転載元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1463272357/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。